転職の苦労。どの求人にも「パソコンができる方」という文言が

キーボード入力

この記事は岩手県在住の方よりご執筆いただきました。

インターネットが主流になり、どこの職場でも「パソコンできる方」と求人に書かれています。15年ぶりの転職に挑んだとき、ワード、エクセルできる方というのが多くて、自分はパソコン関係ない仕事だった上、自宅のパソコンも宝の持ち腐れで、動画を見るだけの物となっていました。

 

インターネットは、携帯のみでパソコンは使わずに長年すごしてきました。高校のときパソコンの授業がありましたが、昔のことすぎて、全然使い物になりません。かといって、自宅にパソコンはあるものの、どう練習したら良いかも分からず、途方にくれました。見つけたのは、パソコンは文字打つ程度でよい、スピードは求めないと求人に書かれており、面接にこぎつけました。

 

タイピングのテストはありましたが、練習すれば早くなりますよといわれ、落ちたかなと思いましたが無事採用になりました。良かったのは採用がきまったときだけでした。研修がはじまりましたが、やはり文字打つ程度や、スピード求めないはありえませんでした。

新しい技術に付いていくための苦労たるや

パソコンとメモ帳

ワード、エクセルも勿論使いますし、スピードも必要でした。いかに自分が今までアナログな職場にいたのか知らされました。ここからが私の戦いでした。初心者歓迎の求人でしたが、やはりそれに甘えるわけにもいかず、メモを取り、作業開始画面を立ち上げるまで、たったその作業にも時間が掛かる始末でした。

 

皆さんなにも言いませんでしたが、きっと「そんなことも出来ないで、今までなにしてたんだろう」と思っているのではないかと気になりながらの研修期間でした。前職では、タブレットを打つだけだったので、文字を打つこともなく、キーボードを打つ作業も全くありませんでした。

 

せめてタイピングだけでも早くなろうと、ネットでさがしタイピング練習をスタートさせました。ですが、何度練習しても評価が上がらず、全然成果が上がりませんでした。どうしたら良いかと思い悩みましたが、とにかく練習あるのみと思い、何度も何度も練習。

 

電話を受けながらのパソコン作業もあり、やはりスピードは必須だなと実感。仕事用のパソコンは数ヶ月でパスワードを変更しなければならず、その作業だけでも慣れない私には、簡単な事ではありませんでした。

 

ちょっとトラブルがあり、ページが開けないとパニックです。直してもらわないと自分ではなんともならず、その度上司を呼ぶ自分。ネットできないおじさんを思い浮かべてしまいました。まだそこまでの年代じゃないのですが、経験してこなかった自分は同じだなと感じ、仕事に影響すると思い上司に相談しました。せっかく雇ってもらったのに、一向に頼ってばかりの自分に嫌気がさしたのです。

優しい上司にありがとう

優しい上司

ですが上司は、若いからといってみんなネットが出来るわけではないし、年配だからと出来ない人ばかりじゃないよと言われました。こればかりは、全て頭に入れるのは難しい。なにかに直面したとき解決法を覚えれば良いし、そんなに焦ることはないんだよと。

 

ここにいる人がみんな初めから出来てたわけではないよと。その言葉にホッとしました。

 

はやく時代についていきたい思いばかりが先立ってしまい、毎日イライラしていました。上司に相談したことで、自分の気持ちが一気に晴れました。そこから、自分のペースで仕事に打ち込むことが出来ました。

 

ネットが出来ないのは、本当にあらゆることで不便なんだなと実感。それから1年経っても、大きな進化はなかったのですが、それでも出来ることも増えたので、また転職となっても大丈夫かなと思います。スキルはとても大事だし、できて損はないなと思わされました。

 

スマホでしかネットをしない若者も多いのかもしれませんが、就職にはパソコンスキルは必須だなと思いました。そうおもった時、子供にパソコンをやらせることにしました。子供はまさにスマホ組だったので、パソコンをさせてみました。

 

全くパソコンをいじることなくきましたが、いざやらせてみるとそこは若者。飲み込みが早く、タイピングもはやくなり、あっという間に追い向かれました。今では、パソコンからネットショッピングしたり、検索したり、文章つくったり。結局家では子供を頼り、文章作成おねがいしたり私の作業までお願いする始末です。
子供の脳はいろんなことに順応できるようになっているんだなと思いました。

 

年々脳は老化していきますが、ゆっくりながらも自分にも出来ると、前を向いてやるしかないなと思っています。自分が不向きだと思っていた職に就いたことで、勇気が出たことは確かです。これだけで何でも出来る訳ではありませんが、勇気がでて身になったことは間違いないなと感じました。

 

これからは、どんどんネットを活用し、出来ないことを出来るようにしていきたいなと思わされました。ネットはスマホで経験あったものの、仕事ではほぼ初めての体験だっただけに、私のインターネット初体験といえます。あの時挫折せず続けられたこと、根気良く教えてくれた上司に感謝しています。