ADSLを開通した結果、ゲーム廃人になってしまった件

ゲーム

この記事は和歌山県在住の方よりご執筆いただきました。

インターネット自体は便利なものだと思うのですが、私の使い方が悪くてゲーム廃人になってしまったことがあります。結果無職になって5年近く過ごしてしまう等、私の人生を大きく変えてしまた体験をお話ししますね。

電話回線の速度は今では考えられないほど遅かった

ネット回線

私のインターネット歴はそこそこ長く、今で25年程経過しています。Windows98が世に出だした事でした。

 

この頃はまだインターネット自体あまり普及しておらず、私も電話回線を使ってインターネットしていました。当時の目的はフリーゲームソフト「BM98」の楽曲ダウンロードでした。いわゆる音ゲーのフリーソフトで、その楽曲を色んな人が自分で作って配布していたんです。それを拾い集めていました。ただこの頃はそれ程ヘビーにインターネットを利用しているわけではなく、実生活に大きな影響を与える程でもありませんでした。

 

そんな私に大きな影響を与えたのがインターネット回線のADSLでした。今となってはADSLって消滅寸前のサービスですけど、当時は画期的なものでした。光回線も同時に出回りだしましたけど、利用出来る地域が超限定的。実際私も当時は利用出来ませんでした。

 

その点ADSLは自宅の電話回線を利用するものなので、ほとんどの人が使えます。今は自宅に電話回線をひいていないご家庭も多いですが、当時はほとんどの家庭で引いていました。私も電話回線はひいていましたし。

 

一応回線工事は必要なので、申し込んでからサービス開始まで2週間ぐらいかかったりします。でも工事に立ち会う必要はなく、導入が凄く楽なサービスでした。通信速度は電話基地局までの距離が影響する為、住んでいる場所によって通信速度は大きく変わります。

 

私の自宅は電話基地局までの距離が2.5kmぐらいだったので、下り7m/bps、上りで1m/bpsぐらいの速度が出ました。今の時代からすると遅いって感じるでしょうが、当時の比較対象は電話回線です。電話回線は下りで0.05m/bpsぐらいの通信速度だったので、それに比べたら超快適。

 

この頃からインターネットの便利がさ世に広がりだしました。

MMORPGとの邂逅

初代リネージュ

ADSLを導入した事でかなり便利になったのですが、これが私の人生と狂わせる事となったMMORPGとの出会いに繋がりました。

 

私はゲームが大好きで、ただクリアをするのではなくヤリコミもしていました。RPGでいうならゲームキャラクターのlvを99にする、レアアイテムをゲットする。レースゲームならタイムアタックする等ですね。これらを月単位ではなく年単位で行っていました。

 

おかげでゲームをするならヤリコミ要素の強いものを選ぶように。ほとんどのゲームは物足りずに不満だったのですが、この不満を埋めてくれたのがMMORPGというもの。電話回線だったら通信速度が遅すぎてプレイ出来ませんが、ADSLなら余裕で出来るようになりました。

 

最初に知り合ったMMORPGは「リネージュ」というもの。このゲームはクォータービューを採用したもので、色々なプレイヤーがいるものだと私に教えてくれたゲームでもあります。いわゆるPK(Player Killer)と初遭遇したゲームです。

 

私はこのゲームを始めたのが結構遅かったので、私より高lvのキャラクターの人はいっぱいしました。そういう強いキャラクターでまだゲームを始めたばかりのプレイヤーを狩るという行為にハマっている人がいたんです。今だとそういう嫌がらせ行為に対し、何等かの処置をしています。悪質なものに対しては運営が対処したり、PK自体を出来ない仕様にしたり、NonPVPサーバーを導入したり等。

 

当時はMMORPG黎明期だったこともあり、好き放題するプレイヤーが沢山いました。そして私もその洗礼を受けてしまったのですが、これが逆に燃えさせる事となりました。今はまだ弱いけど、lvを上げまくって復讐してやる!と。

 

ただ私は後発組です。今からlv上げを行っても、PKのlvに追いつけるかどうか。こちらが圧倒的な戦力を身に着けてPKを倒せるようになるには相当な時間がかかります。またその頃になると、敵!と狙っているPKもプレイしているかどうか怪しいものです。

 

そんな時、新作MMORPG「リネージュ2」がリリースされました。当時としては珍しく3DタイプのMMORPGで、これは本当にハマりました。

 

ゲーム画面は超キレイ。また移動は基本徒歩ということもあり、ゲーム世界の広大さに驚かされたものです。狩場まで行くのに5分以上かけたり、転職クエストは移動で5〜6時間かかったり。今のゲーマーからするとなんて不便なんだ!と感じるでしょうけど、当時はこれが斬新だったんですよね。気づけば私はハマっていました。

 

新しくリリースされたばかりなので、今ならPKが現れてもlv的に負ける事はありません。それにLv上限というものがないので、Lvが上がりきるなんてこともありません。レアアイテムのドロップ率も0.0001%以下だったりするので、レアアイテム回収という楽しみが尽きることもありません。どれだけプレイしてもやり切った!とはなれず、ひたすらヤリコミまくりました。

MMOならではの圧倒的な時間消費量

リネージュ2

ただ問題となったのが、ゲームのプレイ時間です。今はガチャ等の課金がキャラクターを強くする要素になっています。でも当時はプレイ時間の長短がすべてを決めました。なかなかLvが上がらないので、とにかく戦闘をするしかないんです。

 

戦闘すればしただけドロップアイテムのおかげでゲーム内通貨を稼げますし、それでより良い装備も手に入ります。その結果、私の睡眠時間は1日2時間程度となっていました(一番ひどい時は一週間トータルの睡眠時間が10時間を切ってました)。

 

そんな時、勤めていた会社が倒産します。普通だったらすぐ転職をする、遅くても失業保険をある程度受け取ってから転職するでしょう。でも私はしませんでした。
これで好きなだけMMORPGが出来る!と。あっという間に時間は経過し、気づけばブランク期間が1年以上に。

 

ブランク期間が長いと就職しづらくなり、ならゲームしていよう!と現実逃避。幸いゲームばっかりしていたので、ほとんどお金は使いません。貯蓄額は1000万以上ありましたし、それを切り崩しながらゲームにのめりこんでしまいました。そして5年程無職の状態が続き、その間ずっとMMORPGにハマっていました。

 

当時は私のようにゲームで身を持ち崩す人も多く、こういう人を「ゲーム廃人」と呼んだものです。

 

残念ながら私もその一人になってしまった…というわけですね。

 

結局お金が底をつきそうになったので必死に就職活動をし、再就職は出来ました。しかし1000万以上あった貯蓄は使い果たしましたし、中途採用なので給料も少なめ。自分が悪いのは分かっているのですが、ADSLとMMORPGのおかげで大きく人生を狂わせてしまいました。